文学部横断型人文学プログラム

横断型人文学プログラム

共通基礎科目

文化交渉入門

イントロダクション

 フランス文学科の福田耕介先生による講義でした。
 フランスの監督 アニエス・ヴァルダの映画『幸福』(1965)は、遠藤周作の小説『どっこいショ』(1966-67)にどのような影響を与えたのか。『幸福』の映像と、『どっこいショ』の場面を確認しながら考えていきました。
 いずれも夫の不倫を扱った作品ですが、『幸福』では裏切られた妻が自殺するのにたいして、『どっこいショ』では愛人のほうが自殺します。『幸福』のなかで描かれた女性像に対する遠藤の批判――浮気されたくらいで妻は死なない――が、『どっこいショ』に反映されているという、映画と文学との交渉の興味深い一例を見ることができました。

文学①

 英文学科の永富友海先生による講義でした。
 19世紀産業革命期のイングランドにおける文学と疑似科学がテーマです。
 産業だけでなく、産業の目まぐるしい発展スピードに疲弊した精神が引き起こす狂気の発生率でも世界をリードしていた当時のイングランド。ドイツ人医師メスメルが考案した催眠療法(メスメリズム)は、そうした、精神に対する関心が必然的に高まる状況のなかでブームになりました。
 さらに、ブームに呼応するかたちで、文学のなかにもメスメリズム的な空間が作られます。
 チャールズ・ディケンズ『オリバー・ツウィスト』(1837-39)や、ウィルキー・コリンズ『ザ・ムーンストーン』(1868)には、催眠状態に陥っているように、自分に起きていること、自分が取っている行動を認識できない人物が登場するのです。

思想・宗教

 史学科の川村信三先生による講義でした。
 「日本のなかのヨーロッパ」と題した、キリスト教をめぐる、16世紀の日本と西洋との文化交渉についてのお話です。
 それまで城外追放の対象であったらい病患者たちに対する手厚い看護、極貧者の埋葬をするという、神道における死穢(しえ)のタブーを無視した行為――一部の日本人のなかに生まれたこのような慈愛の精神は、キリスト教宣教師たちの活動の成果によるものでした。
 宣教のためにはまず、日本文化への「順応」による友好な関係の構築が必要だと説いた、ナポリ王国出身の宣教師ヴァリニャーノ(1539-1606)の功績にも、講義のなかでは注目しました。

スポーツ

 保健体育研究室(2022年度以降、基盤教育センター身体知領域)の鈴木守先生による講義でした。
 他の国へと伝播されたスポーツは、技術とルールさえ変わらなければ、同じスポーツといえるのでしょうか。
 フェアプレーを重んじる英国のフットボールは、詐欺師的なテクニックをスキルとみなすブラジルサッカーへ、日本の柔道は、オリンピックの重要な競技種目「JUDO」へ、その一方で、アメリカのベースボールは、日本に伝播されると、武道精神を取り込んだ「野球道」へと姿を変えました。
 スポーツは、技術とルールの固定化された体系ではなく、社会的価値を反映して変容する文化的体系なのだと、先生のお話をとおして実感できました。

演劇

 文学座ご所属の演出家、鵜山仁先生による講義でした。
 戯曲(文字テクスト)を舞台(ライブアート)に乗せるときに大事なのは、登場人物の台詞を音としてどう表現するか、ということ。
 役者は、台詞が具体的に何を意味しているのか、誰にたいして、どんな気分で発せられているのかを考えながら音を作らなければなりません。
 音作りがどのようなものであるかを体感するために、先生のアドバイスのもと、数人の学生が、シェイクスピア『ハムレット』の主人公ハムレットの独白シーンを読む時間もありました。

芸術

 法政大学能楽研究所にご所属の中司由起子先生による講義でした。
 日本の古典芸能のひとつである能について、多くの日本人は、実はあまり良く知らないのではないでしょうか。
 能は、様々なテーマを歌と舞で表現する歌舞劇で、江戸時代までは猿楽とも呼ばれ、狂言に見られるような滑稽な要素も含んでいたそうです。
 講義のなかでは、能にとって最も大事な要素である能面に焦点を当てながら、顔の演技を排して所作だけで感情を表現するこの特殊な芸術の変遷をたどっていきました。
 高尚でやや敷居の高いイメージがある能ですが、最近では、外国人風の面をつけたエルヴィス・プレスリーの霊が、ファンの女性の前に現れて舞う英語能のような、新しいスタイルの能も上演されています。
 能は現在も変化しつづけているのですね。

文学②

 フランス文学科の小倉博孝先生による、テクスト解釈についての講義でした。
 文学においてテクスト解釈を行うというのは、具体的にどのような行為を指すのでしょうか。
 作者は、読者に暗黙の了解として受けいれてもらえるようにテクストを書き、読者は、テクストに散りばめられた言葉や表現を辿りながら、作者の意図を無意識のうちに汲みとる――テクスト解釈とは、そのようにして無意識に理解したことを、読者が自らの手で「意識化」する作業であるというお話でした。
 実際に、フランソワ・モーリヤックの小説『テレーズ・デスケイルゥ』(1927)冒頭部分とパトリシア・カースのシャンソン『きれいだねって言ってくれる』(1993)のテクストを用いて、皆で「意識化」する作業も行いました。

テクストを読む

イントロダクション

 英文学科の西能史先生による講義でした。
 講義タイトルにもある「テクスト」とは何でしょうか。textはラテン語で「織る」を意味するtexoに由来し、「言葉によって編まれたもの」を指します。つまり、「テクストを読む」ことは織物をほどくことであり、古典のテクストを現代の私たちが解きほぐすことも可能なのです。
 映画『コクリコ坂から』に登場するカルチェラタンの描写をヒントに、文学とは何か、テクスト解釈とは何かを考えていきました。

歴史のテクスト

 史学科の中川亜希先生による講義でした。
 歴史学におけるテクストとは、史料のことです。過去の痕跡から取り出された史料が書物や論文などの形で現代の私たちに届くまでの過程で、情報はそぎ落とされていきます。また、情報は歴史家の関心や時代によっても左右されるため、歴史とは過去の実体ではなく、その一面に過ぎないのです。
 アウグストゥスの死について記録した3つの史料を比較すると、その描写がそれぞれ大きく異なることが分かります。情報は記述する人の解釈によって変化するため、テクストを批判的に読むことの大切さが分かりました。

メディア・ジャーナリズムのテクスト

 新聞学科の渡邊久哲先生による、世論調査についての講義でした。
 世論調査は民主主義の基本であり、国民の意思に基づいて政治を行なうために不可欠なものです。選挙では人を選ぶことはできますが、政策を選ぶことはできません。その限界を補うために世論調査があり、それが政治を動かすことも大いにあります。
 調査方法やメディアによる報道の影響で回答者の意見が変わってしまうという問題、メディアによる世論操作の誘惑といった問題に目を向けながら、テクストの一種とも言える世論調査の読み方について学びました。

映像・イメージのテクスト

 ドイツ文学科の小松原由理先生による、フォトモンタージュについての講義でした。
 フォトモンタージュとは、平面上に写真を集め、1つの像を再び形成したもののことです。人物や風景を正確に記録する写真とは異なり、フォトモンタージュは絵画と同じく、不可視なものや人間の内面世界を表象する役割を持ちます。
 授業では、記憶を頼りにレオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』を紙に描いてみることで、絵画が持つ明白な意味(=ストゥディウム)だけでなく、個人的に気になった細部や、自分にとってのみ大切な意味(=プンクトゥム)を見出す体験をしました。

身体のテクスト

 基盤教育センター身体知領域の竹村りょうこ先生による講義でした。
 初めにテニスの大坂なおみ選手の試合映像を見ながら、緊張やプレッシャーが選手に与える影響について考えました。
 アスリートにとって、試合での緊張や興奮の度合いは高すぎても低すぎてもパフォーマンスの低下に繋がります。そのため、呼吸法や集中力を切り替えるための技法、イメージトレーニングなどにより、緊張や興奮の度合いをコントロールする努力がなされています。
 身体には無限の可能性があり、身体というテクストを更新し続けることでオリジナルの身体を作り上げることができるのだというお話しでした。

芸術のテクスト

 ドイツ文学科の佐藤朋之先生による講義でした。
 19世紀のバレエ作品『ジゼル』は生と死の境界領域をテーマとし、断絶した2項の間の不安定さや不安感を表わしていると言います。
 また、生と死の狭間で踊るジゼルを描く本作品は、踊ることそのものがもうひとつのテーマでもあります。
 元来、バレエは宮廷人が自分の立場を示すために踊るものであり、ルイ14世は太陽を演じることによって、自らがこの世の中心に立つ支配者であることを人々に確認させていました。バレエとは、政治的理念が舞台上で図解されるテクストだったのです。
 バレエの歴史を辿りながら、その歴史を変えた『ジゼル』というバレエのテクストを読んでいきました。

文学のテクスト

 英文学科の大塚寿郎先生による講義でした。
 トニ・モリソンの短編「レシタティフ-叙唱」は、登場人物の女性2人のうちどちらが黒人で、どちらが白人なのかを読者に推測させるような描写を散りばめながらも、その答えは明らかにしません。モリソンは読者の中にある黒人のステレオタイプを揺るがそうとしているのです。
 また、マーク・トウェインの小説『ハックルベリー・フィンの冒険』は、そのエンディングによって、少年の成長物語や黒人差別反対の物語として作品を読み込もうとする読者の期待を裏切ります。
 作者の意図よりも読者の読み方に意識を向けさせる作品を通して、読者が自身の中にあるテクストをもとに作品を解釈していることに気づきます。こうしたテクスト同士の関係、「間テクスト性」に着目すると、様々な作品解釈が可能であることが分かりました。

受講生の声(2018年度)

  • 批判的にテクストを読むことが、決して作品に対して否定的にとらえるということではないことを学んだ。(哲1年、女性)
  • 歴史学についても同じことがいえるが、物事をひとつの視点だけで見てはいけないということが分かった。その事実そのものだけを見るのではなく、背景を見ること、またどのような立場に立った時の意見なのかということをよく吟味し、理解しようとすることが大切だと考えた。(史1年、女性)
  • 今まで国文学ばかり読んできたので、独・仏・英の文学や芸術にふれることは、とても新鮮であったと同時に、大変おもしろい内容で毎回授業が楽しみだった。また、どの文学、芸術も当時の文化や環境のコンテクストが含まれており、今まで無意識にふれていた部分をこれからは意識してみたら、鑑賞の仕方、味わい方に新しい可能性が秘められていると思う。(国文2年、女性)
  • その物事には表面上の意味とそこから拡張された意味・意義があることを学んだ。ただ見て受容するだけでなく、批判的または客観的に分析することが重要だと思った。(英文1年、男性)
  • ただ与えられた情報や知識を鵜呑みにするのではなく、まず疑いの目を持って考えてみることで、新しい気づきや発見をすることができると思った。(独文1年、女性)
  • 自分の興味以外にも様々な面白い学びがあることが分かって、視野が広がった。(仏文1年、女性)
  • 人に伝えたいことを伝えるためには、どんなものにもテクストになり得るのではないかと思った。そして、それを理解するためには背景知識などが受け手には必要とされ、相互のコミュニケーションに近いものがあると思った。(新聞1年、女性)