上智大学 文学部

  • グランドコンセプト
  • ブランドイメージ
  • アドミッション
  • 知のフロンティア
  • ソフィアンの世界

刊行物の紹介

文学部の教員が出版した代表的な刊行物

  • 『人間の尊厳を問い直す』

    哲学・神学・文学・歴史学・教育学の研究者が人類存在の原点を探求する

    編著者:
    長町裕司(文学部哲学科)永井敦子(文学部フランス文学科)
    高山貞美(神学部神学科)共編
    出版社:
    上智大学出版 発行年月:2011年6月
  • 『神話的世界と文学』

    神話・聖書と言語・文学との関連性を通して文学生成のメカニズムを考察し、神話・聖書の視座から英・独・仏・国文学の特殊性を浮き彫りにした論文集

    編著者:
    小泉進(ドイツ文学科)小倉博孝(フランス文学科)共編
    出版社:
    上智大学出版 発行年月:2006年12月
  • 『マルクス・アウレリウス『自省録』―精神の城塞』

    神々を畏れ、人を助けよ。人生は短い

    著 者:
    荻野弘之(哲学科)
    出版社:
    岩波書店 発行年月:2009年7月
  • 『歴史家の窓辺』

    史料から見えてくる豊かな可能性

    編 者:
    上智大学文学部史学科
    出版社:
    上智大学出版 発行年月:2013年7月
  • 『キリシタンと出版』

    キリシタン版・キリシタン文献に関するあらゆる面での最新の研究成果を
    一冊に集約

    編著者:
    豊島正之(国文学科)
    出版社:
    八木書店 発行年月:2013年10月
  • 『SUPモダン・クラシックス叢書』

    現代につながる、モダンにして古典的な名著を明快な日本語で

    編著者:
    上智大学文学部英文学科教員(飯野友幸、大塚寿郎、小林章夫、舟川一彦、松本朗)他
    出版社:
    上智大学出版 発行年月:2006年3月~
  • 『ニーチェ A嬢の物語』

    秘教的な言語芸術家としてのニーチェをその酒神讃歌をもとに考察する

    著 者:
    高橋明彦(ドイツ文学科)
    出版社:
    青土社 発行年月:2013年7月
  • 『コルネイユの劇世界』

    ラシーヌ、モリエールと並び称される十七世紀仏古典主義の劇作家ピエール・コルネイユ。内外の研究者がその魅力を多面的に分析

    編 者:
    小倉博孝(フランス文学科)
    出版社:
    上智大学出版 発行年月:2010年5月
  • 『書棚と平台 出版流通というメディア』

    近代日本における人と書物との媒介は、どのように編成されたのか

    著 者:
    柴野京子(新聞学科)
    出版社:
    弘文堂 発行年月:2009年8月
  • 『身体のリベラルアーツ(必修科目「ウエルネスと身体」テキスト)』

    身体はメディアである ~身体知とウエルネスの探求~

    編 者:
    上智大学保健体育研究室(編)
    印刷・製本:
    株式会社プリントボーイ 発行年月:2013年4月

※編著者の所属は出版時の情報にもとづいています。

教員紹介

ページの先頭へ