つながないと
見えないことだってある

2015年度から文学部では「横断型人文学プログラム」(Interdepartmental Humanities Program)をスタートさせました。7学科の高い専門性を縦糸とするなら、それをつなぐ横糸は参加する学生の興味です。7つの学科と保健体育研究室の教員が力を合わせて3つのコースを創り上げ、「身体・スポーツ文化論」・「芸術文化論」・「ジャパノロジー」を開講。異なる背景をもった学生の興味をつないでみると、これまで見えなかった世界が見えてくることでしょう。

Faculty of Humanities
(7学科+保健体育研究室)

概念図 概念図

※プロジェクト・ゼミの受講には選抜があります

共通基礎科目

このプログラムの土台となる視点を身につけるための必修科目です。複数の教員が担当する講義を通して自分の興味のありかを探り、コース選択の助けとします。

個別選択科目

3コースにそれぞれ指定された科目があります。それを各自選択して履修します。共通基礎科目で興味をもった分野の知識を深め、プロジェクト・ゼミに参加する準備をします。

プロジェクト・ゼミ

トピックを決め、研究プロジェクトを立ち上げて成果発表をするまで、全て学生が主体となって行う少人数ゼミです。修了者にはプログラム修了認定証が与えられます。

共通基礎科目

興味のありかを探る

テクストを読む

「テクスト」というと文字で書かれたものを思い浮かべるかもしれません。しかし、ここで言う「テクスト」は文字だけではなく、たとえば史跡や遺物などの物、絵画、映像、身体など、おおよそ「読んで解釈できるもの」すべてを指します。それぞれの「読み方」を学ぶのがこのクラスです。

文化交渉入門

外来文化を受け入れたり、自国の文化を海外に発信したりする時に起こるさまざまな文化変容についての理解を深めるクラスです。文化交渉は国家間だけでなく一国内でも生じます。文学・美術・音楽・演劇・スポーツ・思想・宗教などが、異なる文化でどのように受けとめられ、変化してきたかを、過去と現在の事例を通して検証します。

身体・スポーツ文化論

身体とスポーツから
人間を考える

文学部にあって唯一、テクストを持たない「身体」や、身体表現としての「スポーツ」を文化的なコンテクストから探求するコースです。今年度は2つの講座と「プロジェクト・ゼミC」を開講します。
「身体・スポーツ・社会Ⅰ」では、スポーツ文化の一つであるサッカーを中心に、スポーツを通じて現代社会や身体性について考えます。「舞踊文化論」では、バレエを中心とした西洋の舞踊史を軸に、世界の民族舞踊やコンテンポラリーダンス等を紹介し、2回のダンスワークショップを通じて、舞踊家と共に「ダンスする身体」を体験します。
今年度のゼミでは、物としての「身体Body」ではなく、身体・心・スピリチュアリティを含む「からだSoma」の視点に立ち、文学や哲学、歴史、メディアのなかに多様な身体の在り方や身体イメージを見出すなかで、そのまなざしの中心に立つ自分自身の「身体」に出会ってください。

芸術文化論

観るだけがアートじゃない

芸術文化とは、人間の知的・精神的活動に大きく関わるものです。このコースは、芸術の様々な分野の研究をとおして、各学科での学びに新たな視点をもたらすことを目的としています。
今年度の「個別選択科目」には4講座あり、講義科目として「音楽文化論」(講師・安川智子)、輪講科目として「舞踊文化論」(コーディネーター・國寶真美)、「映像芸術の世界」(コーディネーター・松本 朗)そして「舞台芸術の世界」(コーディネーター・三輪玲子)と多彩なコースを用意しました。また「プロジェクト・ゼミ」も2講座が開講されます。「プロジェクト・ゼミA」(舞台芸術 担当・西 能史)と「プロジェクト・ゼミB」(音楽文化 担当・佐藤朋之)で、それぞれ講師の先生の個別指導のもとに研究を進めていきます。

※文学部横断型人文学プログラム授業科目「舞台芸術の世界」から生まれた、『舞台芸術の世界を学ぶ―オペラ・バレエ・ダンス・ミュージカル・演劇・宝塚』が刊行されました。

ジャパノロジー

「クール・ジャパン」
を見直す

現在、テレビや雑誌などには、日本を手放しに称賛する言説が溢れています。「世界から愛されるニッポン」、でも本当にそうなのでしょうか。近年ヒットしたマンガ『ゴールデンカムイ』では、アイヌの歴史・文化がとりあげられ話題になりましたが、実は日本政府は2008年に至るまで、アイヌを先住民族とは認めていませんでした。それはなぜなのでしょう。
一般のメディアで喧伝される、ステレオタイプの日本像からこぼれ落ちてしまうものにこそ、本当に豊かな魅力、重要な問題が隠れているはずです。本コースでは、内外を往還する視野から、受講者それぞれが新しい〈日本〉を再発見することを目指します。
今年度は、国民性・民族性を越境して文学を読む「プロジェクト・ゼミA」(担当 メヒティルド・ドゥッペル)、テレビドラマを通じて日本文化を読み解く「プロジェクト・ゼミC」(担当 碓井広義)も開講されます。皆さんの積極的な参加を待っています。

文学部横断型
人文学プログラム 始動

2015年4月、横断型人文学プログラムの履修が始まりました。
2017年度秋学期より、プロジェクト・ゼミが開講されました。

※科目の内容や名称等はすべて現時点で計画にあるものです。将来的に変更になる可能性があります。