上智大学 文学部

  • グランドコンセプト
  • ブランドイメージ
  • アドミッション
  • 知のフロンティア
  • ソフィアンの世界

文学部における目的と3つのポリシー

文学部における教育研究上の目的及び人材養成の目的

わたしたち文学部は、哲学、歴史、文学、芸術、情報、身体などについての人類の精神的遺産を受け継ぎ、「人間を考える」学問をすすめます。深く広い人文教養によって、人間、社会、世界の本質を洞察できる高い知性を養い、主体的に考え、行動する人格の育成をめざしています。

文学部の各学科は、それぞれの伝統的な専門領域にすぐれた特色と優位性をもち、高度な専門教育と学際的な研究をおこなっています。とりわけ少人数教育にもとづいた、教員と学生との親密な教育研究共同体によって、個性と向き合うcura personalis(ひとりひとりのための教育)を重視しています。

文学部におけるディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

文学部を卒業するためには、次のような能力を示す必要があります。

  1. 歴史や文化が集約された資料や情報をきちんと分析、解釈、評価することができる。
  2. 人間性や人格性に基づいて自発的な表現をすることができる。
  3. 言語や文化を理解し、創造的なコミュニケーションをすることができる。
  4. 専門的な研究教育に基づいて社会や文化に貢献することができる。
  5. 「卒業論文」の論文試験や口頭試験で、これらの能力を達成していることを示すことができる。

文学部におけるカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

文学部各学科のカリキュラムでは、次のような点が重視されています。

  1. 初年次研修によって人文学研究の基礎的な性格、勉学態度などを指導します。
  2. 初年次から専門分野の授業があり、卒業まで一貫した専門教育を行います。
  3. 初年次から少人数授業やゼミナールで、分析力、理解力、表現力を養います。
  4. 各学科の専門に必要な外国語教育を徹底して行います。
  5. 卒業論文を必修科目として、長期間にわたる個人指導を行います。
  6. 文学部の共通専門科目によって、各学科の専門領域を超えた問題を学びます。

文学部におけるアドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

文学部は、次のような皆さんが自発的に各学科を選んで入学し、勉学されることを望んでいます。

  1. 人文教養への積極的な関心と、学業への誠実な意志をもっている。
  2. 人間の歴史や文化についての資料や情報に関心をもっている。
  3. 自分の志望する学科の研究領域に関心をもっている。
  4. 語学やゼミナールの授業に、自発的で積極的な態度で取り組もうとする。

文学部では、それぞれの専門領域に関心をもつ志願者を学科別に募集します。その際、高等学校で学ぶこと以上の専門知識や特別な語学能力は必要ありません。けれども、志願する専門領域についての資料や情報を集め、自分の関心がどこにあるのかを考えておくことは、入学後にとても大事なことになります。

文学部の学科・研究室紹介

ページの先頭へ