文学部横断型人文学プログラム

受験生の皆さま
-上智大学文学部を志望する人のために-

国文学、国語学、漢文学。
総合的カリキュラムで、言葉を磨く。

国文学科
高峰 夏子
(3年)

学科を選んだきっかけ

 中学の頃から国語の授業が好きでした。小説の中の人間の心の描き方や、日本語の美しさに惹かれて。高校2年の終わり頃から、大学でも学びたいと思いはじめました。

国文学科のここがスゴイ!

 国文学、国語学、漢文学の3分野を総合的に学べるカリキュラムが魅力です。1年は基礎科目、2年からは演習などの学生が主体的に取り組む授業があります。自分の専攻したい分野だけでなく、例えば、「古典文学基礎」で学んだくずし字が、明治時代の新聞を読む「国語学演習」で生きるというように、他の分野も総合的に履修するカリキュラムなので、必然的に広く専門的な知識を得ながら研究が行えます。

学びを通して自分の中に起こった変化

 文学を読むときだけでなく、日々の生活やコミュニケーションの中でも、一語一語に自分がどういう意味を込めたいのか、相手がどういう感情で喋っているのかを考えながら、言葉を大切に味わう姿勢が身についたと思います。

学びを今後の人生の中でどう活かす?

 様々な価値観にアンテナを張って、人の感情の機微や感受性を大事にしたいです。将来は、出版、広告業界などで、人の心を動かす仕事につければいいなと思っています。