上智大学 文学部

  • グランドコンセプト
  • ブランドイメージ
  • アドミッション
  • 知のフロンティア
  • ソフィアンの世界

文学部お知らせ

アジア民族文化学会×上智大学文学部ジャパノロジーコース・シンポジウム「病と祓―病気治療をめぐる東アジアの比較文化史」を開催します。

シンポジウム フライヤー
シンポジウム フライヤー

日時

2014年12月13日(土)10:30~17:30

場所

上智大学四谷キャンパス
シンポジウム:12号館1階102教室
儀礼の実演 :SJハウス庭園

登壇者

【パネリスト】
 張正軍 氏(寧波大学 文化人類学・中国少数民族文化研究)
 森和 氏(成城大学民俗学研究所 歴史学・中国古代史)
 斎藤英喜 氏(佛教大学 神話・伝承学)

【コメンテーター】
 北條勝貴 氏(上智大学 歴史学・東アジア環境文化史)
 東賢太朗 氏(名古屋大学大学院 文化人類学・東南アジア地域研究)

【司会】
 遠藤耕太郎 氏(共立女子大学 日本古代文学・中国少数民族文化研究)

プログラム

10:00
開場
10:30
開会挨拶
10:40
シンポジウム趣旨説明(北條勝貴 氏)
10:50
報告① 張正軍 氏
「モソ人の病祓いの儀礼について」
11:30
報告② 森和 氏
「戦国秦漢時代の簡帛資料に見る病因と対処法」
12:10
報告③ 斎藤英喜 氏
「いざなぎ流の病人祈祷の世界」
12:50
休憩
14:00
実演
中国雲南省モソ人の宗教者ダパによる「病祓い儀礼」
15:15
ダパの病祓い儀礼に関する補足説明(遠藤耕太郎 氏)
16:30
パネル・ディスカッション
18:00
懇親会

趣旨

 現在、世界的に問題となっているエボラ出血熱の流行や新種インフルエンザへの懸念、今夏日本でも話題になったデング熱の感染などからも明らかなように、病の展開は人間の文化・文明の歴史と密接な関連を持っている。東アジア地域においては、病を何らかの神霊の所為と捉え、それと交渉し、除去することで治癒を図るという知・技法が、古代から連綿と伝えられてきた。果たしてこの堅固な心性は、なぜ長期にわたり持続してきたのだろうか。

 本シンポジウムでは、中国少数民族モソ人の宗教者ダパによる病祓いを実見し、これを共有財産としながら、中国少数民族文化における病/治癒呪儀の実相、中国史におけるその起源・原型の探究、日本列島における歴史的・民俗的事例との比較検討を通じて、東アジア地域における病/治癒表象の歴史、各地における共通性/固有性、接続/孤立の様相について意見交換してゆきたい。

主催:
アジア民族文化学会
共催:
2014 年度上智大学教育イノベーション・プログラム「比較日本文化研究(ジャパノロジー)における領域横断型人文学プログラムの開発」
協賛:
上智大学研究機構/上智大学キリスト教文化研究所/上智大学史学会/共立女子大学・短期大学総合文化研究所

ページの先頭へ