つながないと見えないことだってある

2015年度から文学部では「横断型人文学プログラム」(Interdepartmental Humanities Program)をスター トしました。7つの学科の高い専門性を縦糸とするなら、それをつなぐ横糸は参加する学生の興味です。人文学的視点を核にしながら学科の壁を超えた3つのコース、「身体・スポーツ文化論」「芸術文化論」「ジャパノロジー」を開講。異なる背景をもった学生の興味をつないでみると、これまで見えなかったことが見えてくるかもしれません。

概念図
※プロジェクト・ゼミの受講には選抜があります

共通基礎科目

このプログラムの土台となる視点を身につけるための必修科目です。複数の教員が担当する講義を通して自分の興味のありかを探り、コース選択の助けとします。

個別選択科目

3コースにそれぞれ指定された科目があります。それを各自選択して履修します。共通基礎科目で興味をもった分野の知識を深め、プロジェクト・ゼミに参加する準備をします。

プロジェクト・ゼミ

トピックを決め、研究プロジェクトを立ち上げて成果発表をするまで、全て学生が主体となって行う少人数ゼミです。修了者にはプログラム修了認定証が与えられます。

共通基礎科目

興味のありかを探る

テクストを読む

テクストとは、必ずしも文字で書かれた文章だけではありません。芸術、歴史、メディア・ジャーナリズム、映画・映像、そして身体。これらも「読む」ことができる広い意味でのテクストとして考えられます。それぞれのテクストの特性を理解し、その読み方を学ぶのがこのクラスです。

文化交渉入門

外来文化を受け入れたり、自国の文化を海外に発信したりする時に起こるさまざまな文化変容について理解を深めるクラスです。言語、文学、思想・宗教、演劇、芸術、スポーツ文化が、異なる文化でどのように受けとめられ、変化してきたかを、過去と現在の事例を通して検証します。

身体・スポーツ文化論

身体とスポーツから人間を考える

国際オリンピック委員会の公認スポーツにはチェスやブリッジが入っているのを知っていますか。スポーツというとサッカーや野球といった運動競技を思い浮かべるでしょう。でも、その語源は紀元前5世紀頃のラテン語“deportare”という言葉です。その意味は「心と身体を非日常に運ぶ、遊ぶ」ということ。心と身体とがあって人間があります。身体・知・スポーツを人文学的観点から検証し人間を考えるという新しいアプローチに取り組むコースです。

芸術文化論

観るだけがアートじゃない

わたしたちは、舞台、美術、映像、音楽といった多様な芸術表現に囲まれています。芸術とのかかわり方は、制作したり、単に鑑賞したりするだけではありません。それらを読み解き評論することもありますし、舞台をプロデュースしたり、作品の展示や保存にかかわったりすることもあるでしょう。このコースでは、たとえば舞台制作の現場へ足を運んだり、美術館の裏側をのぞいたりといったような実地体験もまじえて、芸術の受容や普及にどのように生産的にかかわることができるかを考える機会も提供します。

ジャパノロジー

「クール・ジャパン」を見直す

あたり前だと思っている「日本文化」のイメージを、内からの目と外からの目を通して見直してみる。それがこのコースの目的です。内側に目を向けると、日頃なにげなく使っている言葉はもちろん、衣食住からものの感じ方、考え方まで、日本列島各地には、「日本文化」でひとくくりにできない独自性があることが分かります。また世界から見た日本のイメージも、ヨーロッパからの視線、アメリカからの視線、アジアからの視線は、それぞれ大きく異なります。わたしたちは、このような多様性を忘れてステレオ・タイプの日本像をそのまま受け入れていないでしょうか。グローバルな時代だからこそ重要な問いについて考えます。

2015年4月、横断型人文学プログラムの履修が始まりました。
2016年度は、個別選択科目の開講が始まります。

※科目の内容や名称等はすべて現時点で計画にあるものです。将来的に変更になる可能性があります。