上智大学 文学部

  • グランドコンセプト
  • ブランドイメージ
  • アドミッション
  • 知のフロンティア
  • ソフィアンの世界

卒業論文必修制度

-長期間にわたる卒業論文個人指導-

上智大学文学部の各学科を卒業するためには、卒業論文を執筆し、口頭試験に合格しなければなりません。もちろん外国語で卒業論文を書くこともあります。

卒業論文を書くためには、ひとりひとりの学生がみずから選んだ指導教員のもとで、1年から1年半にわたって定期的な指導や教授を受けます。中間発表や合宿の機会もあります。

みなさんの思考力、理解力、判断力、表現力、コミュニケーション力のすべてが、卒業論文に凝縮されます。卒業論文の執筆はわたしたちの究極的なキャリア教育であり、みなさんの学生生活の集大成なのです。

これまでに提出された代表的な卒業論文の題目(2015年度~2017年度)

  • 哲学科
  • 史学科
  • 国文学科
  • 英文学科
  • ドイツ文学科
  • フランス文学科
  • 新聞学科
  • カントの倫理学における「うそ」について
  • アリストテレス『自然学』の「運動」の概念
  • 九鬼周造『「いき」の構造』における「いき」の意味体験について
  • 老年における幸福―老年の価値と意義の考察―
  • 憲法パトリオティズムにおける感情について―ハーバマスからカント、ヌスバウムへ−
  • トマス・アクィナスの倫理思想における神中心主義と愛徳概念の結びつき―『神学大全』を手引きとして―
  • 美術館が求める芸術の物語性―ファッションのアート参加をめぐって
  • 前期ハイデガーにおける歴史性と歴史学的認識作用
  • 「アイヌ=自然=共生」ナラティブの成立をめぐって―「共生」から生じる記憶の創出と忘却について―
  • 所謂「惟喬親王伝説」の形成に関する考察
  • 日本にとって日独伊三国同盟締結の目的はなんだったのか
  • 唐宋時代の市と寺院―廟市を中心として―
  • 日中戦争時期における中国の初等教育
  • 古代末期のローマ帝国における奴隷制とキリスト教
  • ギョーム・ファレルと檄文事件―フランス語圏宗教改革の転機―
  • ワルシャワ・ゲットーにみる抵抗運動についての考察―蜂起・援助―
  • 日本神話に顕れた朝鮮的要素
  • 宇治十帖における大君―中君―浮舟の「ゆかり」の構造―女君の視点に注目して―
  • 偽悪説話の再検討
  • 樋口一葉作品の研究
  • 田山花袋『蒲団』における欲望
  • 日本語で書かれたキリスト教文献の変遷
  • 女性文化と外来語―婦人雑誌『主婦の友』の中で使用された外来語
  • 中国白話小説『金雲翹伝』とその翻訳小説『通俗金翹伝』の比較研究
  • Analysis of Heroism of Bēowulf from the Perspectives of Rhetoric and Story through Character Comparison
  • 『キャッチャー・イン・ザ・ライ』における無時間的空間の探求」
  • 『アラバマ物語』におけるスカウトの教育
  • 『ハックルベリー・フィンの冒険』における女性の役割」
  • The Meaning of Place Setting and Movements in Jude the Obscure: The Tragedy in Changing Society
  • 『ジェイン・エア』に示される啓蒙不可能な東洋
  • 『白衣の女』におけるマリアン・ハルカムのジェンダー・ロール
  • フリードリヒ・ニーチェの通俗性
  • フケー『ウンディーネ』における「自己」と「他者」
  • 村上春樹『国境の南、太陽の西』 2つのドイツ語翻訳比較
  • モーツァルト『魔笛』と啓蒙主義
  • ターゲリートと後朝の歌
  • ハプスブルク帝国の落日 ――『ラデツキー行進曲』の二重性から見られる兆候 ――
  • Das Bild vom Übertreibungskünstler: Negative Perspektiven in Bernhards „Auslöschung“ und „Heldenplatz“
  • 日独合作映画『新しき土』の政治利用と文化交流としての意義
  • Italien ou français ? : De quelle langue le sursilvan est-il plus apparenté ?
  • クロード・モネ、土地とのつながり――郊外からジヴェルニーの庭へ――
  • ミラン・クンデラにおける身体と自我――女性の身体を通して
  • アルベール・カミュ『転落』における反抗としての意識的堕落に関する考察
  • ひとびとを惹きつけるフランス映画 『シェルブールの雨傘』の感動の源はなにか
  • 『クレーヴの奥方』における告白と拒絶
  • 日本とフランスのことわざから見る文化比較
  • Hanjirô Sakamoto― Un peintre au cœur des relations franco-japonaises―
  • ニュースアプリと新聞の比較からみるネット時代における新聞ジャーナリズムの価値
  • サザンオールスターズ成功の要因~ポピュラー音楽研究の変遷から見る桑田佳祐の芸術性
  • 「イスラム国」機関誌DABIQから考察するテロ組織の広報活動
  • “忘れられた”被災地~東日本大震災における茨城県に関する新聞報道
  • 新聞における鯨報道~日米の新聞記事の比較
  • トランプ大統領のツイッターに対する支持率とその減少の背景
  • テレビドラマが描き出す「関西人」像
  • 米大統領選における世論調査報道の研究~失敗と反省から見たメディアの課題

ページの先頭へ